The following two tabs change content below.
たくぽん
学生時代、月間数千万PVのサービスをゼロから立ち上げ、株式会社ゲームエイト(株式会社Gunosy子会社)の立ち上げにマーケターとして参画。2015年株式会社現リクルートに入社後、医療系ECサイト・メディア事業の広告運用・SEOなどを担当。2016年に株式会社ゲームエイト執行役員就任、月間3億PVサイトのSEO・収益改善などを担当。2018年株式会社インフラトップ (現DMM子会社)にて、マーケターとして集客改善。独立後、月間数千万円売上サイトの自社サイト立ち上げや累計20サイト以上のSEO・広告担当・メディアマネタイズを実施するコンサル事業を提供。

ダイナミックアロケーションとは

Googleアドマネージャーには、ダイナミックアロケーション(以下DA)と呼ばれる配信されている広告枠に対して、【非保証型申込情報】が配信されている場合に、その広告申込情報で設定されたレート(仮想CPM)以上の単価でGoogle(ADX・AdSense)を配信するシステムがあります。

実質、GoogleGoogle(ADX・AdSense)に対してフロアプライス(最低価格)を設定することとほぼ同義です。

今回は、そんなダイナミックアロケーションを活用した競合配信による広告枠収益改善の仕組みや設定方法をご紹介いたします。

ダイナミックアロケーションの配信フロー

  • ステップ① :まず、ページが読み込まれると同時に、GAMに対する広告リクエストが発生します。
  • ステップ②: Googlaアドマネージャーが、条件を満たす空き枠の広告申込情報の中から CPMの最も高いものを特定します。今回の場合はネットワークC仮想CPM120円の広告申込情報になります。
  • ステップ③:GoogleアドマネージャーがAdX(もしくはAdSense)を呼び出し、【保証型申込情報の広告申込情報の一時CPM】または【空き枠の広告申込情報のCPM】を上回る入札単価の広告を選択(今回はアドセンスの単価をCPM240円とします)
  • ステップ④:Googleの方がCPMが高い場合は、Googleを配信。
  • ステップ⑤:Googleの方がCPMが低い場合は、最も高い広告申込情報を選択して広告を配信します(ネットワークC)

#ダイナミックアロケーション配信の注意点

レート(フロアプライス)をより高く設定するほど、Googleが占める比率は減少します。そのため、実CPMよりも極度に高いCPMをレートに設定した場合、枠全体で見ると最適なCPMを出せていない状態になることが起こりえます。

ダイナミックアロケーションの成果例

1日100万impある、広告枠①には以下の広告申込情報が設定されているとします。

項目 内容
タイプ 価格優先
配信期間 配信中
レート(仮想CPM) ¥35.0
アドネットワークAの実CPM ¥35.0
配信ネットワーク アドネットワークA
クリエティブ 第三者配信(3rd party)

この場合、広告枠①の配信内訳は下記の様になったとします。

配信ネットワーク IMP 実CPM
アドセンス 40万 ¥50.0
ネットワークA 60万 ¥35.0
合算 100万 ¥41.0

この場合、ネットワークAをCPM35円で100%配信した時よりも、ダイナミックアロケーションによりアドセンスと競合させ配信したときの方が、CPMが10%以上改善されます。

実際にネットワークAのみを100%と配信させた時とダイナミックアロケーションによる配信では6千円の収益差が発生します。

配信ネットワーク IMP CPM 収益
アドセンス+ネットワークA 100万 ¥41.0 4.1万
ネットワークA 100万 ¥35.0 3.5万
差分 0 ¥6.0 0.6万

ダイナミックアロケーションの設定方法

1.Googleアドセンスを配信OKにする

まずはGoogleアドセンス、またはGoogleアドエクスチェンジが配信OKになっているか確認しましょう。確認方法する点は2点です。

  • [管理者]>[全般設定]>[広告配信設定]で、「競合の有効化」をONにする

  • 広告ユニットの[AdSense で未販売の広告枠と空き枠の収入を最大化] チェックボックスをオンにする。

[AdSense で未販売の広告枠と空き枠の収入を最大化]

2.広告申込情報を作成してレート(仮想CPM)を記入

配信タイプは「価格優先」にしてください。

レート(もしくは仮想CPM)に金額を記入します。

※レート:ここで設定された単価をベースにGoogleとの競合入札を行います。Googleアドマネージャーは第三者配信されているネットワークのCPMをリアルタイムに取得することができないので、ネットワークの実CPMを参考に決定します。

最後に配信する広告ユニットを選択しましょう。

3.クリエティブの入稿。

次に、クリエイティブを入稿します。広告ネットワークを配信する場合は、[サードパーティ]を選択してください。

実際の入稿画面に移動したら以下の設定をしましょう。

  • 名前を設定し、[コード]に広告ネットワークのタグスクリプトを入れます。
  • サイズを入力
  • [SafeFrameで配信する]がデフォルトONになっていますが、offにしてください。(需要)

入稿が完了すると、ステータスが[準備完了]になります。

広告申込情報のチェックボックスにチェックを入れ、[再開]を押すと配信が開始されます。

以上で設定は完了です!


たくぽん

たくぽん

学生時代、月間数千万PVのサービスをゼロから立ち上げ、株式会社ゲームエイト(株式会社Gunosy子会社)の立ち上げにマーケターとして参画。2015年株式会社現リクルートに入社後、医療系ECサイト・メディア事業の広告運用・SEOなどを担当。2016年に株式会社ゲームエイト執行役員就任、月間3億PVサイトのSEO・収益改善などを担当。2018年株式会社インフラトップ (現DMM子会社)にて、マーケターとして集客改善。独立後、月間数千万円売上サイトの自社サイト立ち上げや累計20サイト以上のSEO・広告担当・メディアマネタイズを実施するコンサル事業を提供。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です